カテゴリ
自分の年収を投稿する

ピアノ調律師の年収

ピアノ調律師の投稿者の平均情報

ピアノ調律師の仕事内容 ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者
平均年齢 35.7歳
平均年収 398万円
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。
ピアノ調律師についてソーシャルメディアでつぶやく

ピアノ調律師の年収を投稿する

ピアノ調律師として仕事をしている方は、是非ご投稿ください!

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報の場合、削除させていただく場合がございます。

投稿者名(ニックネーム)
年齢
性別 男性   女性  
年収(事業主の方は、売上ではなく所得) 万円
給料に関して一言どうぞ

ピアノ調律師の給料に関する皆さんの投稿

全部で36件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4     次へ>>
投稿者名 !?  男性        投稿日時:2017/07/28 22:38:05
年齢 20歳
年収 240万円
給料に関して一言 ボーナスはないけど休みは好きなときにとれます
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中0人
投稿者名 とと  女性        投稿日時:2017/05/10 07:12:04
年齢 28歳
年収 200万円
給料に関して一言 手取りは低く休みも少なくボーナスも無い。技能を研鑽する事が楽しくてもそれよりも生活が苦しい事に意識がいってしまう。

日ピ会員になっても特にメリットは無いです。会費を払おうが払うまいが研修には申し込みが出来ます。わざわざ年会費を払って会員になる意味がない。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 みけぞー  男性        投稿日時:2017/03/16 22:02:55
年齢 43歳
年収 600万円
給料に関して一言 上記プラスマイナス100万くらいですかね?
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中1人
投稿者名 やまと  女性        投稿日時:2017/02/21 02:12:04
年齢 36歳
年収 230万円
給料に関して一言 メーカー勤務の方以外は厳しいのではないでしょうか。他業種同世代の友人と話していると金銭感覚は大きくずれてしまいます。それでも続けていられるのはお客様あってのことです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 モモノキ  女性        投稿日時:2017/01/25 19:21:35
年齢 21歳
年収 144万円
給料に関して一言 かなり厳しい…。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中0人
投稿者名 鷹の爪  女性        投稿日時:2016/10/20 00:39:52
年齢 32歳
年収 220万円
給料に関して一言 安すぎる。ひと月70万位稼いで会社に入金しても手取りは16万くらいにしかならない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 ツダ  男性        投稿日時:2016/08/26 11:37:19
年齢 25歳
年収 200万円
給料に関して一言 楽しいけどしんどい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中5人
投稿者名 とらたま  女性        投稿日時:2016/04/23 15:00:36
年齢 27歳
年収 160万円
給料に関して一言 正社員ですが見ての通り苦しいです。

一人暮らしなので貯金もなければ友達と食事をするお金もありません。生活費を抑え続け、この仕事をしてから低コレステロール症になっています。この仕事をするなら実家暮らしか同居人がいるとまだ良いと思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 すけとん  男性        投稿日時:2016/04/22 20:54:16
年齢 24歳
年収 200万円
給料に関して一言 給料と仕事の大変さは釣り合ってません。ある程度年数が経って、ある程度顧客をつかんでおいて独立する方向で考えるのがよさそうです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 のせっち  男性        投稿日時:2016/01/19 21:13:27
年齢 34歳
年収 500万円
給料に関して一言 Kメーカーやき
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
1  2  3  4     次へ>>

ピアノ調律師とは

ピアノ調律師(ピアノちょうりつし、英語:pianotuner)は、ピアノの調律や保守管理を専門に行う職業である。工房で修理を手がけたり、メーカーで設計・製作に携わる者もいることからピアノ技術者(piano technician)やピアノ製造技師(piano builder)とも呼ばれる。 また、古いピアノをオーバーホールによって復元させることなどから、ピアノ修復家(piano rebuilder)と呼ばれることもある。 日常的なピアノ調律以外に、メカニックの調整(ピアノ整調)や、ピアノ整音(【英】voicing 【独】Intonation)、修理、オーバーホール、修復などを行い、ピアノに関する様々な専門知識や技術を必要とする。 一般家庭や音楽教室、音楽ホールなどピアノが設置されている部屋での出張作業が多いが、同時に工房や工場などで修理や修復作業を行う者も多い。 また、防音室や消音装置、温度や湿度の管理について、ピアノの使用者の相談を受けたりアドバイスをすることもある。 前述のように調律師の他、技術者や製造技師・製作家など呼び名は多々あるが、「ピアノ調律師」と呼ばれるのはピアノが設置されている出張先で 調律を主とする技術的なメンテナンス業務を本業とする者に使用されることが一般的である。

『出典:Wikipedia』

Web Services by Yahoo! JAPAN

年収シェアでは、ピアノ調律師の年収・給料・賞与(ボーナス)などの賃金に関する情報を集計しております。ピアノ調律師(職業・職種)の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。


HOMEみんなの年収を見る上場企業の年収を調べる公式情報から調べるお問い合わせ

旅行情報人気動画

リクルート進学ネット Webサービス