カテゴリ
自分の年収を投稿する

ピアノ調律師の年収

ピアノ調律師の投稿者の平均情報

ピアノ調律師の仕事内容 ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者
平均年齢 36.3歳
平均年収 404万円
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。
ピアノ調律師についてソーシャルメディアでつぶやく

ピアノ調律師の年収を投稿する

ピアノ調律師として仕事をしている方は、是非ご投稿ください!

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報の場合、削除させていただく場合がございます。

投稿者名(ニックネーム)
年齢
性別 男性   女性  
年収(事業主の方は、売上ではなく所得) 万円
給料に関して一言どうぞ

ピアノ調律師の給料に関する皆さんの投稿

全部で37件の投稿があります。(31~37件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  
投稿者名 ぷん  女性        投稿日時:2010/12/20 19:59:53
年齢 23歳
年収 108万円
給料に関して一言 ピアノ調律師として働きはじめてまだ三年です。
給料はほとんど支払いに消えます。好きに使える額は4000円位です。
私の働く会社は、福利厚生・労災がなく、何かあれば全て自分持ち。

実家暮らしなので何とかやっていますが、先日ついに給料が支払われなくなりました。
転職を考えています。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 世捨て人がやる仕事  男性        投稿日時:2010/12/16 05:34:02
年齢 38歳
年収 280万円
給料に関して一言 終わってます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
投稿者名 JAN  男性        投稿日時:2010/11/28 22:09:09
年齢 46歳
年収 240万円
給料に関して一言 斜陽産業ですこの業界は。昇給・ボーナス無しです。                      とても大変です。食べていけそうにもないので、現在、仕事を探しています。          将来有る若者には、お勧めできません。
 
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 KOO  男性        投稿日時:2009/08/15 21:31:53
年齢 36歳
年収 300万円
給料に関して一言 趣味を仕事にしているというまさにその物で
給料アップはこの先望めないでしょう
(現役でやり続ける以上は)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
投稿者名 kann  男性        投稿日時:2009/06/18 16:24:27
年齢 31歳
年収 370万円
給料に関して一言 始めは、月給10万円未満なんて当たり前が、調律師業界です。 見習いとして月に数万円ということもあります。 ベテランになっても、調律台数が増える訳でもないので、昇給は殆どありません。

調律師の雇用環境は醜悪です。
ピアノの国内向け製造台数が30年前のピーク時の10分の1に落ち込んでいる影響で、調律師は飽和状態。新規参入が困難な状況です。

趣味でのんびりと仕事をしたい方には良いのでしょうが、家族を養っていたり、本業として仕事に取り組みたい方にとっては、厳しいと思います。

生活不安を抱えたままでは、技術力の向上にも身が入りません。 この業界は、本当にこのままで良いのでしょうか?
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中10人
投稿者名 スヌ  女性        投稿日時:2008/09/07 07:22:10
年齢 24歳
年収 360万円
給料に関して一言 メーカー勤務なので、基本的に固定給です。そこに報奨金が数万円プラスされます。

ボーナスは過去半年内の売り上げによります。

メーカーは給料が安定しているメリットがありますが、かなり、業務内容が厳しく、調律だけをやるという状態ではありません。


調律のみやりたく、安定したお給料を求めるなら、メーカーのピアノ製造工場に就職するのがいいかもしれません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 まつむん  男性        投稿日時:2008/06/06 13:20:38
年齢 30歳
年収 238万円
給料に関して一言 趣味を仕事にしたい人はなっても良いが、人にはお勧めしません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
<<前へ   1  2  3  4  

ピアノ調律師とは

ピアノ調律師(ピアノちょうりつし、英語:pianotuner)は、ピアノの調律や保守管理を専門に行う職業である。工房で修理を手がけたり、メーカーで設計・製作に携わる者もいることからピアノ技術者(piano technician)やピアノ製造技師(piano builder)とも呼ばれる。 また、古いピアノをオーバーホールによって復元させることなどから、ピアノ修復家(piano rebuilder)と呼ばれることもある。 日常的なピアノ調律以外に、メカニックの調整(ピアノ整調)や、ピアノ整音(【英】voicing 【独】Intonation)、修理、オーバーホール、修復などを行い、ピアノに関する様々な専門知識や技術を必要とする。 一般家庭や音楽教室、音楽ホールなどピアノが設置されている部屋での出張作業が多いが、同時に工房や工場などで修理や修復作業を行う者も多い。 また、防音室や消音装置、温度や湿度の管理について、ピアノの使用者の相談を受けたりアドバイスをすることもある。 前述のように調律師の他、技術者や製造技師・製作家など呼び名は多々あるが、「ピアノ調律師」と呼ばれるのはピアノが設置されている出張先で 調律を主とする技術的なメンテナンス業務を本業とする者に使用されることが一般的である。

『出典:Wikipedia』

Web Services by Yahoo! JAPAN

年収シェアでは、ピアノ調律師の年収・給料・賞与(ボーナス)などの賃金に関する情報を集計しております。ピアノ調律師(職業・職種)の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。


HOMEみんなの年収を見る上場企業の年収を調べる公式情報から調べるお問い合わせ

旅行情報人気動画

リクルート進学ネット Webサービス