カテゴリ
自分の年収を投稿する

言語聴覚士の年収

言語聴覚士の投稿者の平均情報

言語聴覚士の仕事内容 病気などによって言葉の障害をもつ人たちのリハビリ専門家
平均年齢 31.9歳
平均年収 419万円
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。
言語聴覚士についてソーシャルメディアでつぶやく

言語聴覚士の年収を投稿する

言語聴覚士として仕事をしている方は、是非ご投稿ください!

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報の場合、削除させていただく場合がございます。

投稿者名(ニックネーム)
年齢
性別 男性   女性  
年収(事業主の方は、売上ではなく所得) 万円
給料に関して一言どうぞ

言語聴覚士の給料に関する皆さんの投稿

全部で83件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8  9     次へ>>
投稿者名 星飛雄馬  男性        投稿日時:2020/03/09 22:54:56
年齢 50歳
年収 450万円
給料に関して一言 放射線浴びる上、患者さまの肺炎気をつけ、リスク大きい割に安い。さらに高次脳機能、認知症、小児発達、勉強もり沢山ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 2年目  女性        投稿日時:2016/07/12 23:32:16
年齢 35歳
年収 180万円
給料に関して一言 東京都内 デイサービス 週5日勤務で上記の年収です。ボーナスはありません。残業代出ません。有給取れません。やめます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中0人
投稿者名 taka  男性        投稿日時:2016/05/24 23:08:39
年齢 36歳
年収 415万円
給料に関して一言 8年目です、7年目に役職が付きました。回復期、一般、療養、外来、通所リハ、訪問リハ、臨床実習学生指導、市や地域の研修会講演の依頼等、全てこなす日々です。やりがいがあるのが全てのモチベーションです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 新人  女性        投稿日時:2016/04/15 22:36:55
年齢 24歳
年収 320万円
給料に関して一言 新人だし仕方ない。。。職場はゆったり働ける♫
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 ジン  男性        投稿日時:2015/12/26 08:01:03
年齢 45歳
年収 600万円
給料に関して一言 公的病院なので初任給は低めですが、昇給や手当は国家公務員に準じて定められています。

ノルマ、転勤、夜勤なしなら恵まれてる方かと。

医師、看護師ほど激務ではないですし。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 とほほ  男性        投稿日時:2015/12/21 02:22:16
年齢 45歳
年収 380万円
給料に関して一言 公務員でボーナス込でこの程度。あがりません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中0人
投稿者名 歯学博士 言語聴覚士  男性        投稿日時:2015/05/11 21:16:46
年齢 37歳
年収 900万円
給料に関して一言 税金で持っていかれます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 ボス  男性        投稿日時:2014/09/23 16:30:17
年齢 39歳
年収 700万円
給料に関して一言 非常勤100万
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 ST 12年  男性        投稿日時:2014/02/12 02:24:24
年齢 35歳
年収 720万円
給料に関して一言 常勤(管理職と現場兼務)で620万
週1日の非常勤(訪問)で100万前後
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名 かまたま  男性        投稿日時:2013/12/18 20:04:49
年齢 26歳
年収 440万円
給料に関して一言 少ない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
1  2  3  4  5  6  7  8  9     次へ>>

言語聴覚士とは

言語聴覚士(げんごちょうかくし、英: Speech-Language-Hearing Therapist (ST))は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。 定義 言語聴覚士法(1997年制定)に基づき、言語聴覚士(げんごちょうかくし)とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいうと定義されている。 業務 言語聴覚士が対象とする主な障害は、ことばの障害(失語症や言語発達遅滞など)、きこえの障害(聴覚障害など)、声や発音の障害(音声障害や構音障害)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)などがある。

『出典:Wikipedia』

Web Services by Yahoo! JAPAN

年収シェアでは、言語聴覚士の年収・給料・賞与(ボーナス)などの賃金に関する情報を集計しております。言語聴覚士(職業・職種)の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。


HOMEみんなの年収を見る上場企業の年収を調べる公式情報から調べるお問い合わせ

旅行情報人気動画

リクルート進学ネット Webサービス