カテゴリ
自分の年収を投稿する

行政書士の年収

行政書士の投稿者の平均情報

行政書士の仕事内容 官公庁提出書類の作成・手続き代行
平均年齢 40.7歳
平均年収 893万円
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。
行政書士についてソーシャルメディアでつぶやく

行政書士の年収を投稿する

行政書士として仕事をしている方は、是非ご投稿ください!

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報の場合、削除させていただく場合がございます。

投稿者名(ニックネーム)
年齢
性別 男性   女性  
年収(事業主の方は、売上ではなく所得) 万円
給料に関して一言どうぞ

行政書士の給料に関する皆さんの投稿

全部で10件の投稿があります。(1~0件を表示)
投稿者名 横浜  男性        投稿日時:2019/06/26 14:20:31
年齢 57歳
年収 50万円
給料に関して一言 開業して3年行政書士の仕事は、ありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 神戸の書士  男性        投稿日時:2016/12/30 22:56:08
年齢 42歳
年収 1100万円
給料に関して一言 まともな企業で営業できてた人間なら1000万までは稼げます。

食えないって言ってる人はもともと問題がある方です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 9年目  男性        投稿日時:2016/05/19 20:20:40
年齢 32歳
年収 450万円
給料に関して一言 行書の平均年収が1000万超えってオイオイ笑
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 BECK  男性        投稿日時:2016/01/10 23:36:48
年齢 39歳
年収 1500万円
給料に関して一言 都内だとこんなもんですよ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人
投稿者名 田中スナフキン  男性        投稿日時:2015/12/20 22:29:01
年齢 45歳
年収 3500万円
給料に関して一言 ネットに騙されるな。

この資格はやり方次第でまだまだ十分稼げる。

会社員で1000万貰ってたけど辞めて本当良かった。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中3人
投稿者名 パパス  男性        投稿日時:2012/12/04 14:15:38
年齢 43歳
年収 150万円
給料に関して一言 大手予備校に騙されるな
専業主婦が片手間に開業して夫の収入超えました。
取得するなら今です。だと?
あぁ、そうか。可哀想にその女はニートと結婚したんだな。
毎年なん万と勤続年数20年迎えた公務員に、無試験で付与されるような資格で食えるほど豊かな国じゃねーよ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中6人
投稿者名 生涯現役  男性        投稿日時:2011/02/21 13:29:05
年齢 39歳
年収 680万円
給料に関して一言 開業して4年目。長年会計事務所にいたので、その繋がりで記帳代行や、FPを生かして資産運用を中心に行っているため、手間と時間は要しますが継続収入は安定しています。単発の許認可申請だけではもっと厳しかったかも。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 だい  男性        投稿日時:2011/02/18 03:50:31
年齢 37歳
年収 700万円
給料に関して一言 開業したのが29歳の時。すぐに1000万円の売り上げに。今はお金を追いかけずに、のんびり楽しく仕事しています。弁護士と比べて、回転率がいいのが魅力。あと、会費も安いしね~
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中7人
投稿者名 gs  男性        投稿日時:2010/04/14 13:55:27
年齢 33歳
年収 250万円
給料に関して一言 食っていけない。 報酬をふっかける度胸もない。。しかたがない。。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中8人
投稿者名 アレス・クラー  男性        投稿日時:2009/08/26 01:10:46
年齢 40歳
年収 550万円
給料に関して一言 5年前まで保険会社で課長をしていたが、当時は1日12時間以上働いて、年収850万。この資格で独立してから1日の労働時間は5~6時間。所得は550万に落ちたが、はるかに効率がいい仕事である。職務経験の乏しい若者と、年金併用の退官組がこの職種の平均年収を下げているに過ぎないと感じている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:34人中30人

行政書士とは

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づく国家資格であり、官公署に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理または代行、作成に伴う相談などに応ずる専門職である。 行政書士法には、平成9年(1997年)に目的規定(1条)が追加され、行政書士制度の目的が明確化された。 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(電磁的記録を含む)及び権利義務・事実証明に関する書類に関して、法律に基づき作成、作成・提出を代理または代行し、加えて、当該書類作成に伴う相談に応ずることを業とする。 行政書士が作成する書類は、簡単な届出書類から複雑な許認可手続きに至るまで多岐にわたり、3000種類に及ぶと言われる。許認可などの申請書・添付書類など行政機関に提出する書類のほかに、契約書など権利義務・事実証明に関する書類を代理人として作成する。また、それらの書類を作成する際の相談にも応じる。代表的な例としては、新車を購入した際の登録手続き、飲食店や建設業を開業する際の許認可手続き、法人設立手続き、外国人の在留資格の更新および変更手続きなどが挙げられる。

『出典:Wikipedia』

Web Services by Yahoo! JAPAN

年収シェアでは、行政書士の年収・給料・賞与(ボーナス)などの賃金に関する情報を集計しております。行政書士(職業・職種)の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。


HOMEみんなの年収を見る上場企業の年収を調べる公式情報から調べるお問い合わせ

旅行情報人気動画

リクルート進学ネット Webサービス