カテゴリ
自分の年収を投稿する

弁護士の年収

弁護士の投稿者の平均情報

弁護士の仕事内容 高度な法律知識で、依頼人の権利を守る
平均年齢 33.8歳
平均年収 18439万円
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。
弁護士についてソーシャルメディアでつぶやく

弁護士の年収を投稿する

弁護士として仕事をしている方は、是非ご投稿ください!

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報の場合、削除させていただく場合がございます。

投稿者名(ニックネーム)
年齢
性別 男性   女性  
年収(事業主の方は、売上ではなく所得) 万円
給料に関して一言どうぞ

弁護士の給料に関する皆さんの投稿

全部で56件の投稿があります。(21~30件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6     次へ>>
投稿者名 町弁ボス  男性        投稿日時:2014/08/26 21:43:54
年齢 32歳
年収 900万円
給料に関して一言 仕事クレェ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 どじびろん  男性        投稿日時:2014/08/26 20:43:31
年齢 28歳
年収 800万円
給料に関して一言 いそ弁の給料500万円と,個人事件で600万円のうち半分を事務所に入れるので,800万円くらいです。
当然個人事件は流動するものですが。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 まちべん  男性        投稿日時:2014/08/26 17:46:51
年齢 36歳
年収 100万円
給料に関して一言 正確には所得はマイナスなのですが、入力できないようなので。ここ2年は完全に赤字で持ち出しです。キャリア10年前後、個人経営。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中4人
投稿者名 しがない弁護士  男性        投稿日時:2014/08/26 17:18:36
年齢 45歳
年収 6700万円
給料に関して一言 交通事故で死亡事案と高度障害事案のみを取り扱っています。専門性があればそれなりに稼げるものです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中1人
投稿者名 中堅商事事務所  男性        投稿日時:2012/01/28 21:44:58
年齢 33歳
年収 2000万円
給料に関して一言 結構飲み行ってます
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中3人
投稿者名 toshiの  男性        投稿日時:2012/01/28 14:27:17
年齢 38歳
年収 6520万円
給料に関して一言 MHM 激務ゆえ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中3人
投稿者名 びんぼう  男性        投稿日時:2011/11/14 18:57:26
年齢 33歳
年収 1800万円
給料に関して一言 ボーナスが業績に応じ上記年収の10-30%。英国系事務所。正直、大手の人の給料みてうらやましいと思うが、まあ、土日休み、平日も12時には帰る生活だからこんなもんかな。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中3人
投稿者名 5年目弁護士  男性        投稿日時:2011/10/14 04:01:49
年齢 35歳
年収 220万円
給料に関して一言 昨年独立しました。
仕事が少なく、経費を引くとこの程度の所得しか残りません。
独身で実家暮らしをしていて生きていけてます。
結婚は無理です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中18人
投稿者名 即独3年目  男性        投稿日時:2011/10/13 17:33:06
年齢 31歳
年収 3800万円
給料に関して一言 儲かっている感覚はあまりないですが。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中2人
投稿者名 独立3年街弁  男性        投稿日時:2011/10/13 08:06:49
年齢 35歳
年収 2200万円
給料に関して一言 年を追うごとに,1件あたりの費用が下がったなあと実感。
比較的小規模の事件を数多く処理していかないと,今後は辛いでしょうね。
会務や公益活動も,これ以上引き受けるのは限界かも。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
<<前へ   1  2  3  4  5  6     次へ>>

弁護士とは

弁護士(べんごし)は、一般に、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職であり、その具体的なあり方(呼称や職務範囲など)は、時代と法域によってさまざまである。 西欧における弁護士の歴史 = 中世 = 現在の弁護士制度は西ヨーロッパにおいて発達したものに由来する。地域及び担当する裁判所の種類によって名称は様々であり、また、代理を行う者(代訴人や事務弁護士)と弁論を行う者(代言人や法廷弁護士)が区別されることも多く、現在でもそのような区別が残った国も多い。 近世ヨーロッパでは法律家を養成するため、各大学に法学部が設置されていた。 日本における弁護士の歴史 = 中近世 = 日本では鎌倉時代に六波羅探題等で争議に際して弁論・口述の長けた代官が存在している。 江戸時代の「公事宿(くじやど)」「公事師(くじし)」は、日本において独自に発達したもので、弁護士に類似するとも考えられるが、その性格は大きく異なる。

『出典:Wikipedia』

Web Services by Yahoo! JAPAN

年収シェアでは、弁護士の年収・給料・賞与(ボーナス)などの賃金に関する情報を集計しております。弁護士(職業・職種)の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。


HOMEみんなの年収を見る上場企業の年収を調べる公式情報から調べるお問い合わせ

旅行情報人気動画

リクルート進学ネット Webサービス